ゾーンに入る方法とは?ビジネスの世界を”ゾーン”で勝つ方法

コラム

通勤中に学べる3分間営業術を見て頂きありがとうございます。
ゾーンに入る方法とは?ビジネスの世界を”ゾーン”で勝つ方法について書いていきます。

ゾーン(ZONE)という言葉は聞いたことはありますか?

プロスポーツ選手が「心と体が完全に調和した無我の境地だった」「体が勝手に動き、苦痛を感じなかった」「試合をやっている自分を上空から眺めていた」など、選手にとって「何か特別なことが起こった」と感じさせるような感覚のことです。

今日はゾーン(ZONE)に入る方法をまとめていきます。

「ゾーンに入る」とは

「ゾーンに入る」とは、集中を通り越した集中‥究極の集中状態のことを言います。

例えばビジネスの世界などでも自分が”ゾーン”入っているときは次のような現象が現れます。

  • リラックスしているのだけど、ものすごく集中している
  • 仕事が自分の思うように進み、他の人に負ける気がしない
  • 体と心が完全に一体化していて、自然に体が動いているような感じ
  • 体の調子も良く、気持ちもワクワクしている
  • なにもかもうまくいって最高の気分。絶好調

など、時間や自分自身の感覚がなくなる程集中した状態になります。

仕事に生きがいを感じている人であれば、こうした感覚を過去に一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 
ゾーン体験とは、スポーツ選手が、極度の集中状態にあり、他の思考や感情を忘れてしまうほど、競技に没頭しているような状態を体験する特殊な感覚のことです。

ゾーンの前に「フロー状態」がある

ゾーンに入る前には「フロー状態」があります。

フロー状態とは、ある作業に完全にのめり込んで没頭している状態です。

フローの行き着く先が「ゾーン」ということです。

何かの行為に集中していた時に、ふと「ゾーンに入っていた」ということです。

「ゾーンに入る」と自分以外がスローに見えたり、視覚・聴覚機能が活性化されて反応が速くなります。

「ゾーンに入る」には特別な才能が必要だと思われがちですが、実はそうではありません。

訓練次第で「ゾーンに入る」ことが可能となります。

「ゾーンに入る」7つの方法

1.「いま」に集中する

過去の失敗や後悔していること、将来の不安などに囚われるのではなく、

今すべきこと、今できること、に集中することが大切です。

コントロールできるのは「今」しかないのですから。

2.内面からのモチベーションを持つ

人にやりなさいと言われてやる場合はモチベーションを保つのが難しいと言われています。

それが自分のやりたいことであれば良いのですが、そうでない場合はモチベーションが上がらないからです。

モチベーションは自分の中にあるものです。

なので、自分の内面からのモチベーションに突き動かされたほうが、ゾーンに入りやすくなります。

例えばキャッチボールが好きで好きでたまらない場合、何時間でもキャッチボールをし続けられるでしょう。

なぜ続けられるのか?

それは「好き」だからです。

「好き」や「したい」という感覚を大事にしましょう。

3.1つのことに集中する

いくつかの事を同時並行で進めるより1つのことに専念したほうがゾーンに入りやすくなります。

  • 2アウト満塁一打逆転のバッターボックス
  • 試合を決めるPK戦
  • 勝負が決まる最後のパター

など、極限の集中状態になる時は1つのことに集中している時が多いのです。

4.集中できる環境を整える

ゾーンに入りたかったとしても、うるさいBGMや人の声、体調不良などがあると難しいでしょう。

集中できる環境を整えておきましょう。

5.はっきりした目標を持つ

叶えたい目標をしっかり持つことも大切です。

先ほどの例で言えば、

  • 絶対にヒットを打って点を取る
  • PKを決めてヒーローになる
  • パターを入れて優勝する

といった目標を持っているほうが「ゾーンに入り」やすくなります。

6.ふとした感情に流されない

何かに対して自然に沸きあがった感情に振り回されてはいけません。

動揺することで集中力が切れてしまうからです。

その場の感情に流されるのではなく、冷静に平常心で対応し、「いま」できることに集中しましょう。

7.プロセスをイメージする

いきなり始めるのではなく、どういう流れで進めるのかをイメージしてから始めたほうが、ゾーンに入りやすくなると言われています。

よく「結果」だけをイメージすることがありますが、プロセスこそイメージすべきです。

成功のプロセスの延長線に結果があるのですから。

ゾーンに導くメンタルトレーニングとは?

大事な商談や会議で、「ゾーン」を体験し、自分の持っている最高の力を発揮したい…。

では、大きなプレッシャーのかかる場面で「ゾーン」状態を再現するためには、どんなメンタルトレーニングが効果的なのでしょうか。

それは、言葉に頼らないメンタルトレーニングです。

なぜなら、ゾーン体験は、あなたの技能を「直感的」「本能的」に発揮できている状態です。これまでのゾーン体験を振り返ってみて下さい。その最中には、余計な「言葉」や「思考」はなかったはずです。体が本能的に動いていただけです。

「ゾーン」体験に言葉は要りません。いや、それどころが邪魔になります。

極論すれば、「ゾーン」体験メンタルトレーニングとは、「直感」や「本能」を鍛えるトレーニングです。そして、このトレーニングの最大の特徴は、できるだけ「思考」や「言葉」に頼らないことです。とはいえ、全く使わないというのではなく、あくまでもバランスが重要です。

現在主流のメンタルトレーニングは、言葉を使った「頭」中心の思考系メンタルトレーニングです。

反対に、言葉をできるだけ使わない「体」中心の感覚系メンタルトレーニングが、「ゾーン」体験メンタルトレーニングです。 これこそ「直感」や「本能」を鍛える秘訣です。

僕は、「ゾーン」体験メンタルトレーニングとして、主に5つのメソッドを強く推奨しています。

  •  レゾナンス呼吸
  • イメージトレーニング
  • バイオフィードバック訓練
  • オリジナル・ルーティン
  • インナー・ゲーム

これらの5つのそれぞれのトレーニング方法です。そうすれば、それぞれのトレーニングが言葉を使わないことがわかるでしょう。

また、下記のメンタルトレーニングも、それなりに効果的といえるでしょう。

  • ヨガ・座禅・瞑想
  • 残像イメージ法
  • 眼球運動・速読
  • 自己暗示・セルフトーク

下記の記事では5つのトレーニング方法について説明していきます。

レゾナンス呼吸の方法

  1. 意識を心臓周辺に向ける
  2. 姿勢を良くする
  3. およそ5秒間隔で、吐くと吸うを繰り返す(計10秒)

たったこれだけです(笑)。

たったこれだけで、私たちの心拍リズムは、レゾナンス(resonance)とか、コヒーレンス(coherence)呼ばれる状態に入っていきます。

これだけで、アスリートの中には、「考えないで、感じる」を体験できる人も少なくありません。

レゾナンス呼吸だけでゾーンに入れるとは言いませんが、レゾナンス呼吸は、ゾーンの入り口まで、あなたを導いてくれる基礎的なテクニックです。この土台の上に、感情のコントロールや、イメージを積み重ねていくことが大切です。

イメージトレーニングには多くの種類がありますが、そのうちのひとつでは、競技の前に、静かに目を閉じたままで、その競技を行っている自分の姿を、頭の中でイメージします。

ゾーン体験メンタルトレーニングにおける、このイメージトレーニングの目的は、「デジャビュ(既視体験)」を起こすことです。これが成功すると、ゾーン体験がぐっと近づいてきます。 デジャビュとは「既視体験」という意味で、「前にどこかで体験したかも」という感覚です。本番前に、イメージトレーニングを行うことによって、本番で「デジャビュ」を起こりやすくさせるのです。

例えば、競技スキーの選手が、大会の本番前にイメージトレーニングを行うことで、競技中に「デジャビュ」を感じることができれば、次のターンへの「迷い」を追い払うことができます。なぜなら、その「デジャビュ」では、パーフェクトの滑りができていたのですから。

1984年のロス五輪、体操の個人総合金メダリストである具志堅幸司選手は、決勝の会場へと向かうバスの移動中に、全ての競技を頭の中で完璧にイメージしたそうです。すると、自然と「日の丸」が一番高いところに高揚されているイメージまでもが浮かんできて、バスの中で涙を流したという逸話が残っています。

NHKドキュメント 『スポーツ大陸/金メダルへのイメージトレーニング』より

また、試合前にイメージトレーニングを行うことによって、バスケットボールの選手が「デジャビュ」を感じることができれば、相手選手の動きに対して、「迷い」を生じさせることなく、機敏な対応が可能になります。 実際に、シカゴ・ブルズの黄金期を築いたカリスマ・ヘッドコーチであるフィル・ジャクソンは、選手に対して、この「デジャビュ」を起こすためのイメージトレーニング(視覚化訓練)を指導していました。

この「デジャビュ」のためのイメージトレーニングは「ゾーン体験」には必要不可欠です。なぜなら「デジャビュ」と「ゾーン体験」は、かなり近いものだからです。このイメージトレーニングを習得してこそ、「ゾーン体験」が近づいてくるのです。

ただ、このデジャビュを起こすためのイメージトレーニングは、とても難しいのです。理由はいくつかあります。継続が必要なのに、トレーニングは退屈でマンネリ感があること。 多くの場合、イメージ通りにならず競技中にミスを起こしてしまうこと。自己流でイメージトレーニングを始めた人のほとんどが、これらのカベを打ち破ることなく、イメージトレーニングを挫折してしまうのが実情です。

イメージトレーニングは、自己流で効果を上げることが非常に難しいトレーニングです。イメージトレーニングを効果的に行う場合は、専門のメンタルコーチの指導を受けられることを強くお勧めします。メンタルコーチは、趣向をかえて、あなたに様々なイメージ課題を与えていきます。 なお、イメージトレーニングを行う際にも、レゾナンスが大きな鍵を握っています。レゾナンス状態で行われたイメージは、ポジティブで記憶に残りやすいのです。イメージトレーニングはレゾナンス状態、もしくはレゾナンスで準備してから行えるようになることが大切です

バイオフィードバック訓練は、現在、海外の先進的なコーチに取り入れられているメンタルトレーニング方法で、「考えないで、感じる」を確実にトレーニングできる最善の方法です。

バイオフィードバックとは、心拍数・筋緊張・脳血流・脳波などを、センサーからパソコンに読み取り、リアルタイムで本人にフィードバックすることによって、自分の心と体の状態を正しく理解し、望ましい方向に修正するためのメンタルトレーニングです。

例えば、大事な場面で緊張しすぎたり、考え過ぎてしまう人は、

  • 肩に力が入る
  • 心拍数が高くなる
  • アルファ波が少なくなり、ベータ波が増える

といった身体変化が起こります。

バイオフィードバック法では、専用機器で、こういった身体変化を測定し、その数値やグラフをモニターなどに表示します。訓練者は、その数値を正常に戻すことで、緊張を正しくコントロールする方法を学ぶのです。

身近なバイオフィードバック訓練の例が、ニンテンドーWiiのWii Fit Plusというゲームです。この家庭用ゲームでは、バランスボードを使い、バランスという生体情報をフィードバックして、正しい姿勢やバランスを学習することができます。

このゲームをやったことがある方はわかると思いますが、バランスを取るときに必要なのは、「考えることではなく、感じること」ですよね。

バイオフィードバック訓練は、体に現れる不安の兆候を、完全に取り除くことで、心の不安を完全に払しょくするためのメンタルトレーニングです。

イチローはアメリカでは「ルーティン・マニア」と呼ばれているのをご存知でしょうか?

イチローはそれだけでなく、試合前に人一倍ストレッチングに時間をかけたり、試合後に入念にマッサージを受けたり、バットやグラブを特別丁寧に扱うことでも有名です。イチローの強靭な精神力の大きな理由のひとつが、彼の行う「ルーティン」にあります。

イチローほどの天才でも、結果が出ない時期が続けば「迷い」が生じます。「迷い」は心の隙間に入ってくるものです。「迷い」は、本能的・直感的プレーの大敵で、この隙間を埋めるものが「ルーティン(決まりごと)」なのです。

「迷い」は雪だるまのように自然に膨らむ性質を持っていて、これが厄介なのです。

ルーティンは、一つだけではありません。試合前・試合中・試合後・練習中、それどころか、日常生活にいたるまで、状況別に数多くのルーティンを作り上げることが、余計な「迷い」に打ち克つための秘訣です。よく知られていますが、イチローは、日常生活でも、数多くのルーティンを持っています。最近では辞めたそうですが、毎日カレーを食べたり・・・。

ほとんどのアスリートがルーティンのようなものを持っています。しかし、本当に信頼できるルーティンを作るためには、単にルーティンを決めるだけではだめです。それを試合中も、練習中も、同じように行えるようになること、そして、いつでもレゾナンス状態で行うことが大切なのです。

あなたのオリジナル・ルーティンを確立することで、好調・不調に左右されることなく、常に精神状態を一定に保つことができるようになり、それが「ゾーン」体験のベースとなります。

オリジナル・ルーティンは、「必然」を作り出すためのトレーニングです。

インナーゲームは、1970年代にティモシー・ガルウェイというテニスコーチが考案した画期的なメンタルトレーニングメソッドです。

要約すると、「頭で考えたとおりに体を動かすことを試みるのではなく、できるかぎり体に動きを任せよう」というものです。

ガルウェイは、「make it happen」ではなく、「let it happen」と表現しています。この違いがおわかりになるでしょうか?

「let it happen」という表現は、「ゾーン」体験の本質を鋭くついています。

子供のころ、私たちが何かの動作を学ぶときには、それをあまり考えることはありません。とにかく体を動かすのみです。ところが大人になると、本来、体だけで十分に対応できるようなことまで、頭がしゃしゃりでて、余計なことを考えたりするので、結果的に、その動きを自然なものでなくしてしまいます。

インナーゲーム理論は、「頭」が、本来自由な動きができる「体」を邪魔してしまうことによって、技術習得をより困難にしている、と主張しています。

「体」は自分が見て、感じたイメージのまま動こうとしているのに、「頭」は「腕を伸ばせ」「右足に重心を移せ」などと「体」に細かく注文を出してしまいます。その細かな注文が、「体」の自然な動きを妨げる、というわけです。

インナーゲームをマスターすると、あなたのビジネス体験は変わります。信じられないようなパフォーマンスが発揮できるようになるだけでなく、実力・技術も向上します。なかなか習得できない技術にいらいらすることがなくなり、仕事で「let it happen」が可能になるのです。

「let it happen」ができるときというのは、最高の力を発揮させる「ゾーン」体験に非常に近いものです。思考を最小限にすることで、直感と本能が最大限に発揮されます。

インナーゲームを習得するには、事前に地道なメンタルトレーニングを通して、「体」中心の「感覚」へ移行できていなくてはいけません。そうでないと、インナーゲームを実践して、思うようにプレーができなかったり、技術が習得できないときに、「頭」がその「理由」を探し始めてしまうのです。

インナー・ゲームはあなたの人生を大きく変えます。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

コメント